自動車保険 日産 自動車保険 日産 スカイライン 自動車保険 日産 スカイライン (1993年8月~1998年5月) 自動車保険

日産 スカイライン (1993年8月~1998年5月) 自動車保険

日産 スカイライン (1993年8月~1998年5月)の自動車保険料をお調べします。自動車保険のお見積りをご希望するお客様の日産 スカイラインのマイナーチェンジ年式をお選びください。

スカイライン (1993年8月~1998年5月) マイナーチェンジ年式

  • 日産 スカイライン (1997年2月~1998年5月)

    日産 スカイライン (1997年2月~1998年5月)

    フロントドアガラスをロングライフ撥水ガラスに変更したほか、ABSを全車に標準化。そのほか一部グレードにリア間欠ワイパーやUVカット断熱ガラス、スポーツタイプATシフトノブ、リモートコントロールエントリーシステムなどを標準装備した。(1997.2)

  • 日産 スカイライン (1996年1月~1997年2月)

    日産 スカイライン (1996年1月~1997年2月)

    ボンネットやフロントグリル、ヘッドライトなどフロント回りのデザインをクーペ専用に変更。セダンとの違いを明確にした。デュアルSRSエアバッグを標準化するとともにステアリングのデザインや、センタークラスターも変更された。(1996.1)

  • 日産 スカイライン (1995年1月~1996年1月)

    日産 スカイライン (1995年1月~1996年1月)

    外装はフロントグリルとヘッドランプ回りをスモークシルバー化、内装は明るいグレーに変更。全車に運転席SRSエアバッグなどが標準装備された。そのほか装備を充実したGTS25タイプG SEなどのグレードが追加された。(1995.1)

  • 日産 スカイライン (1993年8月~1995年1月)

    日産 スカイライン (1993年8月~1995年1月)

    9代目となるR33型セダンは、ボディを3ナンバーサイズに拡大するとともに、ホイールベースを100mm以上も延長し、リアの居住性を大幅に改善した。同時にこれまでのサッシュレスドアからプレスドアに変更するなど、ボディ回りの改良により軽量化と重量バランスの最適化を図った。そのため先代より重量増となったものの、走行性能はさらに高められている。エン…

自動車保険の一括見積もり

自動車保険一括見積もりに参加している保険会社一覧

アクサダイレクト イーデザイン損保 セコム損保 ソニー損保 チューリッヒ 三井ダイレクト そんぽ24 SBI損保
アクサダイレクト イーデザイン損保 セコム損保 ソニー損保 チューリッヒ 三井ダイレクト そんぽ24 SBI損保
セゾン自動車火災 チャブ保険 ゼネラリ あいおいニッセイ同和 朝日火災 共栄火災 損保ジャパン 東京海上日動
セゾン自動車火災 チャブ保険 ゼネラリ あいおいニッセイ同和 朝日火災 共栄火災 損保ジャパン日本興亜 東京海上日動
日新火災 富士火災 三井住友海上 AIU保険
日新火災 富士火災 三井住友海上 AIU保険  
  • 朝日火災海上保険、共栄火災海上保険、東京海上日動火災保険、富士火災海上保険、あいおいニッセイ同和損害保険、AIU保険、Chubb損害保険、ゼネラリ保険、三井住友海上火災保険の各社でご契約いただく場合、SBIマネープラザ株式会社が保険契約の取扱代理店となります。

  • 日新火災海上保険でご契約いただく場合、株式会社ライズ・パートナーズが保険契約の取扱代理店となります。

  • 損害保険ジャパン日本興亜でご契約いただく場合、株式会社エヌ・ティ・ティ・イフが保険契約の取扱代理店となります。

  • SBIマネープラザ株式会社、株式会社ライズ・パートナーズ、株式会社エヌ・ティ・ティ・イフは、損害保険代理店委託契約を締結し、保険の窓口インズウェブに参加の上、損害保険の募集行為を行っております。

  • その他の保険会社でご契約頂く場合は、各保険会社と直接のお取引となります。

気になる新車の見積もり価格を今すぐチェック!